敷布団は柔らかさが重要

体が沈み込むような敷布団や、いわゆる"せんべい布団"を使っている方はいらっしゃいませんか。敷布団というと、家族で同じものを使ったり、安く販売されている布団を選んでしまいがちです。しかし、敷布団が硬すぎたりすると、肩こりや腰痛、不眠症の引き金になります。敷布団は、何よりもまず柔らかさが重要です。

理想的な敷布団とは

敷布団を選ぶ上で大切なのは、背骨のS字カーブを保てるものを選ぶ事です。人がリラックスして立っている時、背骨はゆるやかなS字状のカーブを描きます。このS字カーブが、頭や体重を支えるのに最も無理がなく、負担の少ない姿勢を作るのです。寝ている間にS字カーブを維持出来る寝具を使えば、体に負担をかけずに熟睡する事が出来ます。

硬すぎる場合の問題点

腰痛予防には硬い敷布団がいい」という話を耳にします。硬い布団は腰が沈み込む事もなく、一見正しいように思えますが大きな間違いで、腰痛人口を爆発的に増やしてしまっています。
硬すぎると、体の凹凸が敷布団にフィットせず、肩や腰などの一部に体重が集中してしまいます。その部分が圧迫されて、別の痛みが発生するおそれもあります。寝心地が悪くなり、眠りが浅くなる原因にもなるため、注意が必要です。

柔らかすぎる場合の問題点

敷布団が柔らかい場合、大きな問題はありません。しかし、ポリエステル綿の場合には熱が発散してしまう為、腰が冷えすぎて腰痛が発生する恐れがあります。また、冬は寒くて眠れません。

様々な寝具が販売されていますが、適度な柔らかさの敷布団が、腰痛予防・不眠予防に最適といえます。適切な硬さを選ぶ事で、疲れがしっかり取れて、気持ちよく目覚める事が出来るでしょう。この機会に、本当に自分に合った敷布団をお選び下さい。

長野県茅野市にあります当店では、無光触媒枕やトルマリン敷布団などの良質な寝具をおすすめしています。敷布団の選び方に関して、プロの視点から分かりやすくアドバイス致します。ボディドクターなど、お探しの販売商品がございましたら、お気軽にご相談下さい。

ページ先頭へ