快眠できる環境を整えよう

快眠を得るには、ご自身の体にあった寝具と安心して眠れる環境を整える事が大切です。
こちらでは、ぐっすり眠る為の条件をご紹介します。

眠る環境を整えよう

ぐっすり眠れる環境づくりのポイントは様々あります。

● 音

夜は昼に比べて生活音が少なくなるので、人は小さな音にも敏感に反応します。音は快眠を妨げる原因です。外の音が聞こえてくるなら、防音カーテンにしたり、窓に防音シートを貼ったりと防音対策をしてみましょう。

● 照明

一般的には、室内が暗いほど眠りやすくなるといわれています。しかし、人によっては照明を全部消す、明るいほうが良いなど、眠りやすい明るさがあります。照明はご自身にとって眠りやすい明るさがベストです。

● 温度

人が心地よく眠れる温度は、夏場は25度前後、冬は12~14度です。温度的には目安として18~28度くらいがよいとされていますが、ご自身の感覚で暑すぎずちょっと涼しいくらいがよいでしょう。

● 湿度

快眠によい湿度は50~60%とされています。

● ナイトウェア

寝るときに着るナイトウェアも重要なポイントです。肌触りがよく、通気性のよいものはリラックス出来てぐっすりと眠れます。

寝具も大切

毎日使うものだからこそ、枕、敷布団、掛け布団などの寝具にはこだわる事をおすすめします。枕が合わないと首や肩こりの原因になりますし、敷布団が固いと腰痛など、体のトラブルを引き起こします。

また、寝床内気候も重要です。寝床内気候とは睡眠時のお布団と人の間に出来る湿度と温度です。人がぐっすり眠れる寝床内気候は、温度は30度前後、湿度は50%前後とされています。

当店では、保温性の高いトルマリン敷き布団を販売しています。トルマリン敷き布団は、保湿性が高く快眠に適切な温度を保つ優れたお布団です。また、当店では一人ひとりにあった枕、寝具のお仕立てを行っています。トルマリン敷き布団や寝具に関するご不明点がありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

ページ先頭へ